今が旬のサトイモのぬか漬けを漬けました!

うきは市産の旬のサトイモが手に入ったので、サトイモのぬか漬けを漬けてみました。

下処理をした後に気づいたのですが、サトイモはつるりとむける皮のむき方があったんですね。

次回からは、皮をつるりとむいて下処理をしてみます。

スポンサーリンク



サトイモのウンチク

DSCN1325

サトイモは、いもの中では最も低カロリーだと言われています。

そして、タンパク質、ビタミンB群、ビタミンCが豊富です。カリウムも多いので高血圧の方におすすめの食材です。

ぬめり成分のガラクタンは、脳細胞を活性化させ、免疫力を高める効果もあります。

わが家の食卓には、年に1度も出てこない食材なので、美味しかったら定番のぬか漬けにしたいと思います。

スポンサーリンク

サトイモのぬか漬けを漬けました

DSCN1326

今回は、普通に皮を包丁でむき、水洗いをして、半分または4つに切ります。

記事の冒頭で述べましたつるりとむける皮のむき方は、次の通りです。

《つるりとむける皮のむき方》

  1. よく洗って泥を落とす
  2. 熱湯で3分ほどゆでる
  3. 冷水に入れる
  4. 手でむくとつるりとむけます

この方法だと、ぬめり成分のガラクタンも残りますし、手もかゆくなりません。

DSCN1327

鍋に水をはり、沸騰させます。

今回は、ぬか床のぬかを入れて、サトイモをゆでますが、お米のとぎ汁でゆでてもOKです。

DSCN1330

ぬか床のぬかを、一掴み入れます。

DSCN1331

DSCN1332

お湯の中にサトイモを入れます。少し固さを残して半ゆでにします。

半ゆでの感覚が分からないのですが、7、8分ゆでて取り出しました。

取り出したサトイモは冷水にさらして、粗熱を取ります。

DSCN1333

ぬか床2号(おばあちゃんの味 熟成ぬか床)に、サトイモを入れました。

9時間後に取り出したサトイモのぬか漬け

DSCN1347

漬けてから9時間後に取り出しました。

 【ぬか漬け】旬の野菜リストと漬け時間目安リストを作りました!には、サトイモの漬け時間が12時間となっていますが、夕食の時間にあわせて取り出しました。

DSCN1349

ぬかを落として、短冊切りにしました。

ひと口食べてみて、「えっ、間違って、ぬか床に残っていたじゃがいもを取り出したかな」と思ったくらい、じゃがいもの味に似ていました。

 にんじん・じゃがいも・いんげん・パプリカのぬか漬けの作り方!

漬け時間が9時間でも、しっかり漬かっていました。

美味しかったですよ。

サトイモは低カロリーで栄養価も高く、高血圧や認知症の予防にも良さそうなので、色々な調理の仕方の中のひとつのバリエーションとして、サトイモのぬか漬けをするようにしたらどうでしょうか。

関連記事

スポンサーリンク
今が旬のサトイモのぬか漬けを漬けました! はコメントを受け付けていません。 サトイモ

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文