長いものぬか漬けを漬けました!塩でこするのは厳禁!

旬の野菜が手に入ったので、長いもを漬けることにしました。

皮をむかないで、そのまま漬ける方もいますが、泥や土が取れないので、下処理で皮をむきました。

スポンサーリンク



長芋のぬか漬け

DSCN1301

包装のラベルには、『ネバリスター』とあるように、この長芋はネバリがあります。

DSCN1317

DSCN1318

実は、長芋は、すりおろして食べるのが一番好きです。

家内は、短冊に切った長芋を味噌汁に入れたり、すりおろすたものをお好み焼きに入れたりしてくれますが、あまり美味しいとは思いませんでした。

長いもは、当たり外れがありますね。

私は、北海道の夕張のお得意先からいただいた長いもの味がいまでも忘れられません。

いつ食べても、そのときの長いもの味を超える長いもは今までありませんでした。

DSCN1305

今回は、1/3本を使って、漬けることにしました。

皮をむいて、水洗いをしました。

DSCN1306

半分の長さに切って、更に縦に半分に切りました。

小さく切ったほうが、よく浸かると思います。

DSCN1307

料理研究家の有元葉子さんの『有元葉子 うちのおつけもの』には、塩でこするとぬめりが出るので、塩でこすらないほうがよい、と書かれていました。その通りにしました。

ぬか床2号(おばあちゃんの味 熟成ぬか床)にカットした長いもを埋めます。

DSCN1309

スポンサーリンク

12時間後に取り出した長いものぬか漬け

DSCN1319

12時間後に、長いものぬか漬けを取り出しました。

触った感じは、特にぬめりはありませんでした。

盛り付けの関係で、ぬか床の中にあった、にんじん、じゃがいも、パプリカも一緒に取り出しました。

DSCN1322

ちょっと雑になりましたが、5種類のぬかづけを盛り付けました。

長いものぬか漬けは、美味しいことは美味しいです、歯ごたえもあるし。

決して不味くがはないですが、個人的には、すりおろした長いもに醤油をかけて食べるのが好きなので、何度も漬けようとは思いません。

DSCN1335

長いものぬか漬けだけ、残ってしまったので、ショウガとかつお節と醤油を足して、ちょっと味付けをしてみました。

DSCN1337

これは、これで美味しいです。

長いもの〈かくやのこうこ〉、ごはんの友ですね。

 ピーマンのぬか漬け(古漬け)で作る美味しい一品料理!【かくやのこうこ】

 【ぬか漬け】かくやのこうこ(にんじん・じゃがいも・いんげん・パプリカ)の作り方!

関連記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

長いものぬか漬けを漬けました!塩でこするのは厳禁! はコメントを受け付けていません。 長いも

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文