にんじん・じゃがいも・いんげん・パプリカのぬか漬けの作り方!

様々な野菜を漬けるようになって、少しずつ自信が芽生えてきました。

ぬか床を冷蔵庫の野菜室に入れておけば、毎日かき混ぜなくてもいいし、しょっぱいぬか漬けを作ってしまったら、塩抜きをすればいい。

漬かりにくくなったら、漬ける時間を長くしたり、ぬか床に塩を入れればいい。

失敗しても、リカバリーできる方法があるし、失敗を楽しんでいくというのがぬか漬けの面白いところだと思います。

そんなわけで、にんじん・じゃがいも・いんげん・パプリカのぬか漬けを漬けました。

スポンサーリンク



漬ける野菜の下処理

DSCN1249

今回漬ける野菜は、漬ける前に下処理をしないといけません。

 かぼちゃ・ゴボウ・ブロッコリー・じゃがいも・タケノコのぬか漬はどうするの?

じゃがいもは、お米のとぎ汁か、沸騰したお湯にぬか床のぬかを入れたお湯で半ゆでする必要があります。

いんげんは、漬ける前に塩ゆでします。今回は、じゃがいもと一緒に、ぬかを入れたお湯でゆでました。

DSCN1251

鍋に水を入れ、沸騰させます。

DSCN1252

ぬか床から取り出したぬかを鍋の中に入れます。

DSCN1253

ぬかの量は一掴みくらいでいいと思います。

DSCN1254

ご飯を炊いたばかりで、とぎ汁を調達できないので、今回はぬかを入れたお湯で、ゆでることにしました。

じゃがいもを鍋の中に入れます。

DSCN1256

続いて、いんげんも鍋の中へ。

DSCN1257

いんげんは、完全にゆでてしまうと、歯ごたえがなくなると思ったので、2、3分で鍋から出しました。

じゃがいもも、半ゆでがいいので、5分くらいで鍋から取り出しました。

これで、下処理は完了です。

粗熱を取ったら、ぬか床に入れます。

スポンサーリンク

にんじん・じゃがいも・いんげん・パプリカのぬか漬け

DSCN1258

にんじんは、皮をむいて、縦に半分に切ります。

じゃがいもは、小さく切ります。

いんげんは、切らずにそのまま漬けます。

パプリカは縦半分に切ります。

DSCN1260

いつものように、パプリカの内側にぬかを入れてから、ぬか床に入れます。

DSCN1261

5種類の野菜を、ぬか床に埋めました。

ぬかを補充してから、しばらく漬けるのを休止していたぬか床2号(おばあちゃんの味 熟成ぬか床)のぬか漬けスタートです。

 ぬか床のぬかが少なくなって水っぽくなったのでぬかを補充しました!

 【ぬか漬け】ぬかの補充をして4日目にぬか床のお手入れをしました!

24時間後のにんじん・じゃがいも・いんげん・パプリカのぬか漬け

DSCN1279

ぬか床を常温で保管して、丸一日、24時間たってから取り出しました。

DSCN1281

パプリカだけ、半分に切って、半分をぬか床に戻しました。

古漬けにしてみようと思ったからです。

ぬか漬けの切り方

DSCN1282

今回は、千切りにしてみました。

じゃがいもは、1口サイズより、断然この切り方のほうが食欲そそります。

5種類のぬか漬けを千切りにして、小さなお皿に入れました。

味のほうはどうかというと、塩加減、ぬかの風味、漬かり具合、申し分ありません。

とっても美味しいです。

旬の野菜は美味しいです。いんげんのぬか漬け、おすすめです。

DSCN1284

盛り付けが、段々よくなってきたと、自画自賛していますが、家族からは褒められることもありません。

元々の野菜の色と、できあがったぬか漬けの色は、ほとんど変化はありませんね。

彩りもいい感じです。

DSCN0667

最初は、キュウリだけの盛り付けでした。

DSCN1048

エリンギも美味しかったんですが、盛り付けた時は、テンション下がりました。

不味そうでしょ。

DSCN1105

じゃがいも、これはじゃがいものぬか漬けを作りすぎました。

盛り付けしても、料理だとは思えません。

下ごしらえ中にしか見えません。

盛り付けのことも考えて、単品ではなく、複数の野菜を漬けることにしたんです。

これらの写真を見ると、失敗から学んで、よくなっていると思うんです。

DSCN1283

今回作った5種類のぬか漬けで、《かくやのこうこ》を作りました。

 【ぬか漬け】かくやのこうこ(にんじん・じゃがいも・いんげん・パプリカ)の作り方!

関連記事

スポンサーリンク

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文