ぬか床のぬかが少なくなって水っぽくなったのでぬかを補充しました!

ぬか床が水っぽくなったら、水抜きをするか、足しぬかをしましょう」とぬか漬けの本に書いてあります。

最初のうちは、ぬか床に指で穴をあけて、溜まった水を捨てていました。

でも、その溜まった水には、野菜の香り、ミネラル、漬けた野菜を美味しくする成分がたくさん含まれているので、捨ててはいけないのだそうです。

スポンサーリンク



ぬかが少なくなったので、ぬかを補充しました

DSCN1127

ぬか床2号(おばあちゃんの味 熟成ぬか床)は、野菜を取り出す度に少しずつぬかが減ってきました。

『おばあちゃんの味 熟成ぬか床』を購入して、14日目ですが、ほぼ毎日漬けていると、減るもんですねえ。

冷蔵庫で保管していた、お米屋さんで購入した生ぬかを補充することにしました。

DSCN1130

生ぬかの重さは、178グラム。

DSCN1132

生ぬか1キログラムに塩70グラムの割合なので、13グラムの塩が必要です。

塩の割合は13%とか所説あるのですが、下田敏子さんの推奨する割合でやってみました。

DSCN1133

ボウルに入れた生ぬかに、塩13グラムを入れます。

DSCN1134

生ぬかと塩をよくかき混ぜます。

DSCN1135

水の量は、生ぬかの、0.8~1倍の量を入れます。

生ぬかの量とほぼおなじ179ccを測って、ボウルの中に注ぎます。

DSCN1136

DSCN1137

再び、よくかき混ぜます。

DSCN1139

ちょうどいい具合に混ざったので、ぬか床に入れます。

DSCN1140

次に、元々あったぬかとよくかき混ぜ、表面を整えたら、補充完了です。

DSCN1141

足しぬかの量は、ちょうど良かったみたいです。

今後は、ぬかが少なくなったり、水っぽくなったら、200~300グラム程度の足しぬかをしていこうと思います。

スポンサーリンク

ついでに調味料を入れました

DSCN1142

そんなに頻繁に調味料を入れなくてもいいと思いますが、足しぬかのついでに、調味料を入れてみることにしました。

  1. 昆布
  2. かつお節
  3. 唐辛子

この3種類を入れました。

柿の皮を入れるといいそうなので、柿が手に入ったら、真っ先にぬか床に入れるつもりです。

DSCN1143

足しぬか、調味料投入、ともに完了です。

野菜を漬けるのは、しばし休止して、乳酸菌が増えるのを待ちたいと思います。

関連記事

スポンサーリンク
ぬか床のぬかが少なくなって水っぽくなったのでぬかを補充しました! はコメントを受け付けていません。 ぬかを補充する

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文