ぬか床に水分が多く水たまりに!容器の水は抜いた方がいいの?ぬかを足した方がいいの?

野菜を漬けていくと、野菜から出る水分でぬか床が水っぽくなります。

ぬか床の本や各種サイトのQ&Aに、その時の対処法が書かれています。

ぬか床に穴をあけて、たまった水を抜くか足しぬかをする、と。

水を抜いてはいけない」と書いてあるのを見たことがなかったんですが、最近見つけました「水を抜いてはいけない」。

スポンサーリンク



一般的な水抜き対処法

DSCN1065

ぬか床が水っぽくなった時の一般的な対処法は、ぬか床に穴をあけてたまった水を抜くか、足しぬかをすることです。

水抜きをするには、市販されているぬか床水抜き器を使ったり、たまった水をおたまですくったり。

わたしは、ぬか床の端っこに穴をあけたり、中央に穴をあけたりして、たまった水を捨てて、足しぬかはしていませんでした。

DSCN1095

DSCN1098

でも、これは、もったいないことなんだそうです。

スポンサーリンク

ぬか床が水っぽくなっても水抜きをしてはいけない

「ぬか床 千束」店主の下田敏子さんは、水を抜かない理由をこう教えてくれています。

  1. 野菜は水の力を借りてぬか床の中に水を出す
  2. その代わりに、野菜はぬか床の栄養やビタミンをもらう
  3. 野菜が出す水には野菜のもつ香り、ミネラル、おいしいものが含まれる
  4. その香り、ミネラルがたくさん含まれているのがぬか床の水分の正体
  5. その水分があってこそ、味わい深いぬか漬をつくる良い状態のぬか床となる

野菜の香り、ミネラルがたくさん含まれている水を捨ててしまうのは、もったいないんです。

実は、ぬか床が水っぽくなったからといって、水抜きをするのはNGなんですね。

これからは、水を捨てずに、足しぬかをしていきます。

DSCN1099

ぬか床の穴を埋めるために、足しぬかの重さを測ります。

DSCN1100

足しぬかが25グラムなので、塩を2グラムとしました。

下田敏子さんは、塩は7%とされています。

DSCN1101

足しぬかと塩をよく混ぜて、ぬか床にできた穴に入れていきます。

DSCN1103

足しぬか25グラムでいいと思ったのですが、全く足りませんでした。

水分がどんどんぬかを吸い込んでいき、足しぬかを指で押さえると穴があいていきます。

今回はこれで終わりますが、足しぬかの量が足りませんでした。

 【ぬか漬け】ぬか床『千束』で調合たしぬかを購入!ぬかの補充をしました

わたしのぬか漬のバイブル、下田敏子さんの本はコチラ。

 ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード

NHKためしてガッテンに出演された後に出版された本にも関わっておられます。

発酵パワー

 NHKためしてガッテン 発酵パワーの簡単おかず「酒かす」「酢」「みそ」「ぬか」

巻末の16頁が、ぬか漬けの章です。

関連記事

スポンサーリンク
ぬか床に水分が多く水たまりに!容器の水は抜いた方がいいの?ぬかを足した方がいいの? はコメントを受け付けていません。 ぬか漬けQ&A

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文