【ぬか漬け】酒の肴におすすめ オクラのぬか漬け

オクラは、水洗いして、そのまま漬けます。

下田敏子先生流は、オクラを塩でもみません、そのまま漬けます。

ベータカロチン、カルシウム、カリウムが豊富なオクラ。

高血圧の方にも良さそうです。

スポンサーリンク



ヘタまで食べられるオクラのぬか漬け

今まで、オクラはゆでて、薄切りにて、かつお節をかけ、醤油で食べていました。

あのネバネバが身体に良さそうな気がして、夏にはよく食べていました。

居酒屋でオクラのぬか漬けを食べてから、大好物になった方がいるとのことで、私も挑戦してみました。

オクラを入れるため、穴をあけますが、ぬか床が冷たくて手が痛いです。

1袋全部、水洗いして漬けてみました。

ぬか床の蓋の上に、このような付箋を付けると漬けた日時が分かるのでいいです。

漬けた時は忘れないと思っても忘れてしまうんです。

夏の漬け時間は、12時間です。

冷蔵庫の野菜室だったら、まる一日漬けたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

ネバネバ感、サクッと感、やみつきになる美味しさオクラのぬか漬け

約15時間後に取り出してみました。

ぬか漬け特有の風味はちょっと足りませんでしたが、味はなかなかでした。

おろし生姜、かつお節、それに亜麻仁油をたらして食べました。

ネバネバ感、サクッと感、不思議な食感に生姜が効いて美味しいですよ。

我が家では、冷ややっこ、野菜サラダ、卵かけごはんにも亜麻仁油をかけます。

甘さが増し、美味しさアップとなります。亜麻仁一番搾り170g【楽天市場検索】

今日の反省:2人家族で、オクラ1袋は少ない、最低1人1袋が必要。

関連記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

【ぬか漬け】酒の肴におすすめ オクラのぬか漬け はコメントを受け付けていません。 オクラ

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文