ぬか床放置から2年、ぬか漬け再開は新しい容器(DAISO)から

ぬか床を何度もダメにして、ぬか漬けを漬けなくなって約2年。

今日、冷蔵庫に保管してあった『おばあちゃんの味 熟成ぬか床』(1kg)2袋をDAISOで購入した容器に入れて、キュウリを漬けました。

ぬか床づくりにきゅうりの漬け時間が、夏は6~7時間、冬は24時間と書かれています。漬けたその日に食べられます。

スポンサーリンク



DAISOの容器(MEGA KEEPER3600ml)がぬか漬けに最適

 

DAISOで購入したこの容器のサイズ(cm)は、W24.5×L18.5×H10.2で容量は3,600ml、MADE IN  JAPANです。

容器が小さいと、腐りやすいので、この位の容器が適しています。

野田琺瑯ぬか漬け美人のような容器が最適でしょうが、100均のこの容器でも十分です。

おばあちゃんの味 熟成ぬか床を2袋投入

実は、このぬか床、今年の4月で賞味期限切れだったんですが、まあ大丈夫だろうと思い、そのまま使いました。

おばあちゃんの味 熟成ぬか床は安くて、美味しいぬか漬けを漬けることができます。

きゅうりのぬか漬け

きゅうりのぬか漬けは、簡単だし、美味しいのでよく漬けます。

よく漬ける、と言っても実は約2年ぶり。

一応、へたを切り落として、へたと残りのきゅうりをすり合わせてアク(白いもの)を取ります。やった時とやらなかった時の差は分かりませんが・・・。今日のきゅうりは、長かったので、容器に入るギリギリの長さでした。

ちゃんと容器に入るようにスペースを作り、ぬか床の中に入れます。

最後は、ぬか床の面が平らになるように整えます。

夏は、漬けてから6~7時間で食べられます。

早速食べてみます。

食べてみての感想は、「まだ全然漬かってないな」です。

袋を開けてすぐだったので、ぬか床に中に、乳酸菌があまりいなかったのでしょう。

その後、ぬか床を冷蔵庫の野菜室に入れ、約8時間後に食べてみました。

当日食べたのと違い、かなり漬かっていました。美味しい!

夏は冷蔵庫に入れるタイミング、時間を考えるといいですね。

さて、今後しばらく捨て漬けなどをして、美味しく浸かるように調整していきたいと思います。

かつお節、山椒、唐辛子、昆布があるので、おいおいぬか床に入れて、ぬか床を手入れしていきます。

【ぬか漬け】ぬか床に調味料入れたら急に美味しくなった!?キュウリ&人参

楽しい ぬか漬け生活!

関連記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

ぬか床放置から2年、ぬか漬け再開は新しい容器(DAISO)から はコメントを受け付けていません。 容器 キュウリ

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文